2015年8月21日

造作譲渡のコンサル

今日は、造作譲渡のコンサルでご依頼頂いてる二つの案件の造作譲渡契約でした。

造作譲渡のコンサルって?

と、思う方も多いと思いますが、これは弊社で結構多いご依頼です。

弊社では、サロン専門物件サイト「サロンプロデュース」で美容専門の居抜き仲介を行っておりますが、中には知り合いで居抜きの売買が決まる方も少なくありません。

その際に、知り合いだからこそトラブルになったり、お金のやり取りで関係を悪くしたくないという要望で、造作譲渡のコンサルティングをして頂きたいとの要望を頂くのです。

中には、不動産会社様からのご依頼もあります。

今日の二つの案件では、それぞれ双方の方がお互いに感謝ができる取引になりました。

でも、こんな取引ばかりでなく、すでにお互いに相違があって、かなり揉めた状態の間に入ったりすることも少なくありません。

そんな案件でも、絡まったものを紐解いていけば、最後はお互いに笑顔で取引が終われるものです。

何よりも、こちらに依頼なく取引できるのが一番良いのですが・・・・

個人間の居抜き取引の一番のトラブルは何か!

取引の開始時に、譲渡品の特定、代金の確定、引き渡し日を曖昧にしていることが一番です!

せっかくのお互いにとって良い話しで、人間関係が途切れるのは本当にもったいないですからね!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です