2015年8月8日

第14回関東不動産会

今週の火曜日は、運営をお手伝いさせて頂いている第14回の関東不動産会でした。

今回は、130名もの大勢の不動産関係者にお集まり頂きました。

関東不動産会とは「不動産業界のイメージの向上」、「知識・経験・情報の共有」という2つのコンセプトの下に、不動産関係に従事する方々の集まりです。

今回の第14回では、不動産業者としての独自の強みをもった企業様の代表者によるパネルディスカッション
「不動産真剣しゃべり場」を開催致しました。

パネリストには

•株式会社アセンシャス 鈴木直樹氏
http://asensuous.jp/
•株式会社アルファホームズ 南智仁氏
http://alpha-homes.com/
• 株式会社部屋店 松田弘氏
http://www.heya-ten.jp/index.html
• 誠不動産株式会社 鈴木誠
http://makotofudousan.com/
• 株式会社Modern Standard 松田啓介氏
http://www.m-standard.co.jp/

をお迎えし

①これからの不動産営業に求められるスキルとは?
②仲介手数料のバリューとは?
をテーマにお話し頂きました。

様々な意見が交わされ、自分のビジネスについても深く考えさせられる、とても素晴らしいディスカッションでした。

私たちの美容に特化した不動産業務や、美容業の居抜き物件の取引では、余儀なく撤退せざるおえない方や、人生を賭けた開業、出店する方がほとんどですので、その取引を安心して任せられる仲介のスキルが必要です。

そのためにも随時新しい情報収集や、常にスキルアップを取り組んでいかなくてはないりません。

そうした中で、各不動産企業様のパネルディズかッションは、とてもヒントになる素晴らしいものでした。

今、不動産仲介業では様々な業態や、新しい取引の様態が増えており、それぞれが知恵の結晶で素晴らしいものだと思います。

ですが、大切な財産と人を繋ぐ不動産仲介業である以上、誠実に勝る知恵が無い事も自覚しなければいけないと私は思います。

関東不動産会が素晴らしいものになる様、今後とも努めてまいります。

何かに対して「使命」を感じるとはどういうことであろうか?それは何が「正しく」何が「最善」であるかという、あなた自身がもっている高い理念を達成させるために自分の仕事をすることであり、もしその仕事をしないでいたら「指摘される」からするというのではない、ということではなかろうか。これが「熱中するということ」であり、自分の使命を全うするためには、誰もがもっていなければならないものなのである。    ナイチンゲール


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です