2015年5月19日

条件付き居抜き物件の造作譲渡

今日は、南林間の美容室居抜き物件と、表参道のエステサロン居抜き物件の契約でした。

今回のこちらの南林間の美容室居抜き物件ですが、居抜き物件として貸主に造作譲渡の承認を得る際に、ある条件がありました。

それは、塞がれてるドアの出入口部分を開口することです。

もちろん、募集する前に確認し、申込みされた方にも事前に伝えてありましたので、取引には影響ありませんでしたが、この様に新たな方が引き継ぐにあたって、店舗の使用方法の一部変更を条件にされる事があります。

ですから、居抜き物件として造作譲渡を考える際は、事前に貸主様に条件の確認をする事が大切です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です