2015年4月13日

居抜き物件の負の条件

今日の夜は、今現在2件のお申込みを頂いてる美容室居抜き物件の現地調査でした。

今日の調査事項は、本来必要な開口部を内装で閉じちゃった場所の確認(^^;;

これ以外とあるのです。

で、新しい方が居抜きで引き継ぐにあたって、開口部を元に戻すのが条件という事です。

実は、居抜き物件ではこの様な負の条件がある事は少なくありません。

例えば、勝手に共用部分にボイラーやエアコンの室外機が置いてあるので、居抜きにあたっては、移動するのが条件とか!

負の条件があると、皆様避けがちですが、だからこそ他にはない得する条件がある事も少なくありません。

要は、メリット、デメリットを把握して、そのバランスを見極めることが大切なのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です