2017年6月2日

仲の悪い大家からの居抜きの許可

弊社のサイト「サロンプロデュース」で居抜きの募集をする際、当然ながら管理会社や貸主から許可を頂き募集をするのですが、これが時としては大変な時があります。

そう!店子が大家や管理会社と仲が悪い時!

これ、結構多いのです。

そんな時は、まず仲が悪い理由からヒアリング

まあまあ、理由は色々とありまして、どっちが悪いということより、大体のことの発端は

「もののいいかた」か「債務不履行」

これが多いですね・・・

そして次は、借主さんと一緒に許可を頂きにいくのですが、場の雰囲気はかなり厳しいです。

まずは、こちらの意図をお伝えし貸主様の言い分を聞くのですが、ここで今までの鬱憤が大爆発することもしばしば・・・

たまに、その場で喧嘩が始まることもあったりします。

大抵、そこまで仲が悪い時は、ご紹介いただいた後、先に借主さんには帰ってもらいますが・・・・

そして、そこからお話しさせて頂き、居抜きの許可を頂くのですが、案外借主と貸主が仲悪くとも許可が頂けるものです。

最初は、大抵私に対しても怪訝そうな顔で対応されるのですが、今まで仲が悪く「溜まっていたトラブルの解決」に進むことが明確になれば、逆に歓迎されることも少なくありません。

最初は、なぜか私も一緒に怒られたりするんですけどね(笑)

そうなんです。

仲が悪いせいで、解決しなければならないことがお互い話し合いたくないため、解決すべき事案が溜まっていることがあるのです。

そんな時は、その解決すべき事案を私どもで進めながら、居抜きの募集をします。

そして居抜き物件が決まり、退去するときには、お互い仲が良くなったりして、間に入った私どもも嬉しかったりするものです。

もちろん、最後まで犬猿の仲の場合もありますが・・・

「大家や、管理会社と仲が悪いから居抜きの許可がとれるかな?」

そんな時は、是非ご相談を

美容室、エステ、ネイル、アイラッシュサロンの居抜き物件売却は「サロンプロデュース」へ

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です