2017年5月19日

サロンや美容室を居抜きで知り合いやスタッフに造作譲渡で売るには

この辺の事は、以前のアメブロ版にも記載したことがありますが、再度別の角度から

アメブロ版「サロン不動産日記」はこちら

サロンや美容室を、居抜きで知り合いやスタッフに造作譲渡で売るときは、特に細かい内容を決めてから取引することが大切です。

知り合いやスタッフということもあり、曖昧に取引を始めると、せっかくの人間関係も壊れることになりかねません。

通常、仲介人を挟まない造作譲渡の場合、取引は直接売主と買主で行います。

その際、お互い自分の解釈で居抜きの定義を定めて取引するため、相違や温度差が生じることがあります。

また、お互いの知り合いからの忠告やアドバイスを鵜呑みにし、取引相手に対して疑心暗鬼になることも少なくありません。

では、まずどのような取り決めを行い、取引を始めるのが良いのでしょう。

まずは、引き継ぎ時期、譲渡する什器備品、造作物の特定、売買金額及び支払い時期、支払い方法を確定することが必要です。

その際、大変大事なのが「違約の際の定め」です。

知り合いや、スタッフということもあり、違約金について話し合うのが大変気まずいかと思いますが、これを定めていないと、賃貸借契約の前日まではいくらでもキャンセルできてしまうことになります。

弊社には、様々な居抜きのトラブルの相談電話がありますが、実に知り合いやスタッフの居抜きの取引のキャンセルによるものが後を絶ちません。

若干、知り合いだからキャンセルしやすいといった傾向も見受けられるのも事実です。

ですから、違約の際の定めや禁止事項、引き渡し後の保証が無い事、キャンセル料等の約款はお互いの人間関係を崩さないためにも必ず必要なのです。

あと多いのが後からのお願い、いわゆる「後だしじゃんけん」です。

「やっぱりこれ持って行きたいんだけど、いいよね」「やはりもう少し造作代金まけてもらえませんか、知り合いに聞いたら相場より高いみたいなんで・・・」

こんなこと言いだし始めると、だんだん険悪な雰囲気の取引の始まりです。

よく相場の相談受けますが、正直そんな基準なんて居抜きの取引ではありません。

同じような案件でも、高く取引されていることもあれば、造作代金が0円なんてこともあります。

ですから造作譲渡の取引の場合、同一案件の当事者は「売主は安く売ってやった」「買主は高く買ってやった」と、感情が相反する場合も多く、その時に「いうだけ言ってみようか」と後だし交渉すると、その感情がむき出しになり、トラブルが始まるのです。

不動産トラブルや居抜きのトラブルは、当事者が相反する感情を持っている際の「ものの言い方」で起こることが少なくないのです。

まだまだ、知り合いやスタッフの居抜きでの造作譲渡トラブルの気をつけなければいけないことや、沢山のトラブル事例はありますが、まずはきちんと話し合い決めてから取引することが大切です。

弊社では、個人間の取引の際の居抜きの造作譲渡コンサルティングサービスも行っております。

取引後、1年間は取引後のトラブル相談等も受けますので、是非ご活用ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です