2016年12月15日

美容室の居抜き店舗物件、造作譲渡の際、売却価格の相場とは

美容室を居抜き店舗物件として、造作譲渡することを考える際、一番重要なのはどのくらいの価格で売却できるのかという事です。

今回は、美容室の居抜き物件に関わること10年、その中での美容室居抜き店舗物件の売却価格の相場についてお話ししていきたいと思います。

弊社では、居抜きとして売却する前にご相談される方が多くいらっしゃいます。

その際に、お話しするのは今までの売却事例に基づく相場です。

今までの経験上、高額な内装費用がかかっているからとか、広いからとか、新しいからとかで正比例で売却価格が高くなることはまずありません。

やはり、需要がある物件が第一です。

そして、総合的な初期費用が造作代金に大きく影響します。

まず、需要がある物件とはですが、需要がある地域と需要がある広さや賃料です。

人気の地域では、古い造作であろうとも、中々物件が出ないところであれば、高額で売却できることもあります。

以前には、17年使用した造作が300万円の値がついた事例もあります。

人気のある広さや賃料帯では、10坪~20坪位、賃料は10万~25万位が多く、以前には11坪で27万円位の繁華街の好立地で400万円くらいの値がついた事例がありました。

そして、総合的な初期費用で大きく影響するのが保証金や敷金です。

保証金が高い物件では、契約金の総額が上がるため、高値での売却が難しくなります。

逆に、保証金敷金が安い場合には、その分売却価格が高くなる傾向にあります。

ですから、新たな借主を見つけやすくするために、前借主が新たな借主の為の賃貸条件の交渉をすることも少なくありません。

以前の事例では、保証金が半分に下がったことにより、それまで反響の無かった物件があっという間に成約したこともあります。

もちろんその際は、今までの大家と店子の信頼関係があることが前提ですが・・・

この様に、様々な要因により美容室居抜き物件の造作譲渡の売却価格は変わってきます。

その様に実際相場といっても難しいのですが、どんなに高くても400万以上を超えるのは、難しいかもしれません。

10年美容室の居抜き売買を見た中で、400万以上を超えたのはわずか数例です。

もちろんご相談があれば、実際どれくらいで売れるのかアドバイスさせていただきます。

以前のアメブロ版「サロン不動産日記」はこちらへ!

美容室居抜き店舗の売却のご相談は「サロンプロデュース」まで!

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です