2016年5月14日

美容室居抜き物件の引渡し時に確認すること

今日は、池袋の美容室居抜き物件の引渡しでした。


引渡し時には、譲渡契約で特定した譲渡物を目録で検収します。

その他、美容室ではボイラーの動作確認をしたほうが良いでしょう。

先日まで営業していても、営業で使ってない期間が一カ月ほどあると、それをきっかけに故障することがあります。

設計図面等も保健所の申請に使用いたしますので、引き渡し日までには頂く様にしてください。

また、前サロンオーナーに保健所への廃業届の提出も確認することが必要です。

心配であれば、この引き渡し時に廃業届を頂き、開業届と同時に提出することも可能です。

5月17日のセミナーでは、私のパートでは、美容室出店時の不動産業者攻略法、知っておくべき居抜き物件の知識についてお話しいたします。

サロンプロデュースの無料メンバー登録で、無料受講できますので是非いらしてください!

第44回美容室・出店・開業セミナーのご案内


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です