2015年11月24日

美容室の独立開業の際のフランチャイズ契約って?

美容室を開業する際の選択に、フランチャイズの加盟にて開業するという選択があります。

今回はフランチャイズについて、お話しさせていただきます。

まずフランチャイズとは、ブランドを持った企業がそのブランドの商標、商号を使用する権利、開発したブランド商品を扱う権利、営業上のノウハウなどを加盟店に提供し、同じブランドで営業を行わせ、その対価として加盟金ロイヤリティを支払う事業契約を言います。

このブランドやノウハウを提供する側をフランチャイザーと言い、受ける側をフランチャイジーと言います。

近年、美容業界でも多種多様なフランチャイズチェーンがありますが、いろいろな問題も耳にします。

まだ知識も充分に無い開業者の不安をあおり、充分な説明もせずフランチャイズ契約させるフランチャイザーも少なくはありません。

また、フランチャイズの知識も無く、サポート体制もないフランチャイザーがフランチャイジーを募集し、加盟金を支払わせ裁判沙汰になった話しもあります。

もちろん、優秀なフランチャイザーの企業もたくさんありますので誤解してほしくないのですが、フランチャイジーとして加盟するのであれば、それなりのリスクがあるということを理解しなければいけません。

フランチャイズ加盟店の募集では、ブランド力による「安定性」と「高収入」を売りにしてますが、何も保証があるわけではないのです。

あくまでも、起業し経営するのはフランチャイジー自身なのです。

しっかりと見極め、うまく利用すればフランチャイズの加盟もメリットはたくさんあります。

次回はこのサロンのフランチャイズ加盟のメリット・デメリットについて、サロン専門の不動産業者の観点からお話しさせていただきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です