2015年9月8日

自分に合った美容室居抜き店舗物件のメリットとは

美容室の居抜き物件を紹介していると、その物件によってメリットが大きく違うものです。そして、そのメリットが表面上では分かりにくい場合も少なくはありません。

たとえば

営業中の居抜き物件でしか出ない「好立地の居抜き物件」

好条件の賃貸条件をそのまま引き継げる「好賃貸条件の居抜き物件」

顧客やスタッフをそのまま引き継げる「譲渡内容が好条件の物件」

高額な内装が無償や格安で引き継げる「豪華内装の居抜き物件」

貸主からの恩恵や近隣店舗の相乗効果がある「高環境な居抜き物件」

まだまだありますが、居抜き物件によってメリットが大幅に違い、借りるにあたっては居抜き物件を見極める必要があります。

居抜き物件の物件探しの場合、まず自分の希望地域や広さ、賃料帯、内装の好み等で選ぶことがほとんどです。

その際、その居抜き物件が持っているメリットで選ぶのも一つの方法です。

たとえば、高額の内装の場合、当然ながら原状回復費用も高額になるため、無償残置で譲渡することも少なくありません。

中には、5000万円以上かかった3年以内しか利用してない内装が無償であったり、1億5千万の審美歯科の内装が無償ということもありました。

また、半年や10か月のフリーレントが着いた居抜き物件というのもありました。

実際、メリットを重視して居抜き物件を選び、経営戦略によって最大限に活かし、成功されている方もいらっしゃいます。

では、メリットのある居抜き物件とは、どの様な実例があるのか?

次回のサロンアプリケーションズでは、様々な美容室居抜き物件の事例から、最低限知っておく居抜き物件の知識についてお話しいたします。

題して「競合に差をつける、美容室出店に必要な不動産知識と居抜きの知識」

居抜き物件を借りるうえで知っておくべきこと

短い時間ですが、お話しさせて頂きます。

また、セミナー来場者には後日電話や来社にて居抜き物件のご相談にも応じます。

第40回サロンアプリケーションズセミナー(美容室、出店、独立開業編)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です